昨日で開院1周年を迎えました。

 

昨年はとても寒い中開院した記憶があり、今年は暖かいなと思っていたら、1周年を迎える数日前より同じように寒くなり開院時の事を思い出しました。

 

この1年たくさんの飼い主様にご来院いただき誠にありがとうございました。

 

現在通っていただいている飼い主様には最後まで責任を持って診させていただけますよう日々精進いたします。

 

また当院にきていただき、残念ながらお見送りする事になった子達も、胸に刻みながら診察をさせていただいています。

 

これからも最良のかかりつけ医となれるよう、スタッフ共々精進していきますので皆様のご来院をお待ちしております。

 

うちのわんこも今月で2人とも16歳になりました。。

 

ダックスの方は脂肪織園という皮膚の病気になり皮膚に血豆のようなものがたくさんできてしまったこともあります。

トイプの方も食欲低下と嘔吐で山口大学まで行きました。(食物アレルギーとそれに伴う腸炎、胃潰瘍)

2人とも当時15歳と高齢ではありましたが、適切に治療対処することで今も安らかに過ごしています。

 

それでも12月の健康診断では腎臓や肝臓の数値がじわりとあがってきていて老衰がすすんできてはいますが、なるべく無理なくおだやかな時間を過ごせるようケアしています。

 

確かに病院に行っても治すことができない病気はたくさんありますが、治せる病気を見過ごさない、治せない病気でも早期に発見することで楽に過ごせる時間を長く過ごせるよう全力で診させていただきます。

 

気になることがありましたら当院までご相談ください。

 

皆様の大事な家族が、1日でも長く健康で皆様と過ごせる事を心よりお祈りいたします。

院長